小金井市の整体なら「武蔵小金井のぞみ整体院」

脊柱管狭窄症とは|ヘルニアとの違いや症状、手術についても解説

育児や仕事がひと段落してきた年代で、徐々に襲ってくる脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)。

神経が障害される場所により、さまざまな症状が出る複雑な病気です。

治療で手術が必要になることもあり、早めの対処が必要になります。

今回の記事では、脊柱管狭窄症とはどのようなものなのか、概要や症状、手術などについて解説します。

 

この記事の監修者
ノゾミグループ代表 氏原 大貴

氏原先生
理学療法士など5つの資格・認定を習得。業界を10年以上を経験し、「のぞみ整体院」を開院。「通い続ける整体院」ではなく、根本改善を目的とした施術が評判となり、年間1万人以上が来院。そのうち、根本改善し卒業する方が91.7%と、「自分で自分のカラダの不調を改善する」ことができるようになったという喜びの声が多く寄せられている。

代表氏原の詳しいプロフィールはこちら

 

 腰の重だるさから解放されました!
(効果には個人差があります)

「武蔵小金井のぞみ整体院」
脊柱管狭窄症の詳細はこちら

 

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の中を通っている神経の束の通り道(脊柱管)が、何らかの原因により狭くなってしまった状態のことを言います。

 

長い年月をかけて背骨に負担がかかることにより発症するため、若い人には脊柱管狭窄症の人はほとんどいません。

脊柱管狭窄症は、腰(腰椎)で起こることが多いですが、首(頸椎)に起きる方もいます。

悪い姿勢でパソコン仕事を長期間行なっている人は、首の狭窄症に注意が必要です。

 

一方で、若い人に多いのは、椎間板ヘルニアです。

脊柱管狭窄症と症状は似ていますが、病態が一部異なります。

 

  • 合わせてこちらの記事もチェック

あなたの椎間板ヘルニアが治らない3つの理由-早く治すために見直すべきこと―

 

参考:「腰部脊柱管狭窄症」|日本整形外科学会 症状・病気を調べる

 

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違いとは

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違いとは

 

脊柱管狭窄症とヘルニアの大きな違いは、以下の通りです。

  脊柱管狭窄症 ヘルニア
発症までの期間 長い 短い
神経を圧迫する原因 椎間板の変形や靱帯の肥厚 椎間板から髄核が出る
好発年齢 50代以降、高齢になるほど増える 20代〜40代の男性に多い

 

参考: 大島正史 他”腰部脊柱管狭窄症の診断と治療 日大医学雑誌 71.2 (2012): 116-122. 波呂浩孝. “腰椎椎間板ヘルニアの病態, 診断, 治療方針.” 日本外科系連合学会誌 36.6 (2011): 1041-1042.

 

脊柱管狭窄症も椎間板ヘルニアも、神経を圧迫することで症状が出ますが、神経を圧迫する原因や好発年齢に大きな違いがあります。

 

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状

 

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、しびれがあります。

 

症状が進行すると、しびれ以外の症状も出てくる可能性もあり、転倒しやすくなってしまったり、排泄にも障害が出てしまったりする可能性があるため注意が必要です。

ここからは、症状について詳しく解説します。

 

しびれ

 

しびれは、神経を圧迫したり傷つけたりしたことで起こる症状で、背骨のどの部分で神経が障害されているのかによって、しびれが出る場所が変わります。

 

例えば、腰骨の下の方で神経が圧迫されていれば、つま先の方にしびれが出ますし、首で神経が障害されれば、手にしびれが出ます。

 

しびれ以外の症状

 

しびれ以外の脊柱管狭窄症の症状は、以下の通りです。

 

  • 間欠性跛行
  • 排泄障害
  • 筋力低下

それぞれ詳しく解説します。

 

間欠性跛行

 

代表的な症状の一つは、“間欠性跛行”です。

歩き始めると足に痛みやしびれが出てしまい、長く歩けなくなってしまうのが特徴です。

脊柱管狭窄症が進行してくると、10m程度しか歩けなくなる方もいます。

 

排泄障害

 

排泄障害も代表的な症状です。

腰の辺りには、排泄に関する馬尾神経という神経が通っており、排泄をコントロールする役割があります。

腰の神経が障害されてしまうと、排泄のコントロールがうまくいかなくなり、排泄を我慢したり、排泄をしたいときにできなくなったりする症状が出てくるのです。

排泄の障害まで出てくると、手術を検討する必要が出てきます。

 

筋力低下

 

神経が圧迫されている部分により、足や手の筋力が低下する可能性があります。

 

私が経験した事例としては、腰の脊柱管狭窄症が原因で、つま先が持ち上がらなくなってしまい、つまづきやすい状態での生活を余儀なくされていた方がいました。

 

筋力が出なくなると、歩くときにバランスが悪くなり転びやすくなったり、料理や洗濯など日常生活動作に支障が出たりする可能性があるため、脊柱管狭窄症が疑われる症状が出てきたら早めの対処が必要です。

 

脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術

 

脊柱管狭窄症の手術は、大きく分けて二つの方法があります。

  • 除圧術
  • 除圧固定術

それぞれ解説します。

 

脊柱管狭窄症の手術①除圧術

 

除圧術は、神経を圧迫している骨や靱帯などの組織を一部取り除き、圧を取り除く手術です。

最近では、手術の傷が少なくて済むように、内視鏡を使った手術が行われるようになってきています。

 

脊柱管狭窄症の手術②除圧固定術

 

除圧固定術は、脊柱管の周りの組織を削り圧迫を除去するだけでなく、金属のプレートやボルトを使って、背骨の一部を固定する手術です。

 

背骨を支えている靱帯や椎間板などが傷んでおり、背骨を支えることが難しくなっている場合に適応されます。

 

このような場合は、脊柱管狭窄症以外に、すべり症も診断される場合もあります。

 

脊柱管狭窄症の症状を我慢していると、徐々に進行してしまい、広範囲の手術が必要になることもあります。

このようにならないためにも、早めに対処をすることが重要です。

 

参考: 一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会|腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン改訂第2版(案)

 

脊柱管狭窄症で痛みでお悩みなら 武蔵小金井「のぞみ整体院」へ

武蔵小金井のぞみ整体院 公式ホームページの画面 腰の重だるさから解放されました!
(効果には個人差があります)

「武蔵小金井のぞみ整体院」
脊柱管狭窄症の詳細はこちら

 

「脊柱管狭窄症の症状が辛い」

「病院の治療でもなかなか改善されない」

とお悩みの方はぜひ武蔵小金井「のぞみ整体院」へ一度ご相談にいらしてください。

 

当院が最も大切にしていることは、長く通っていただくことではありません。

なるべく少ない回数で的確な対処を行い、「完璧に良くなって早く卒業をしてもらうこと」です。

 

事実、当院では91.7%の方が10回以内に良くなり、卒業されています(個人差があります)。

 

不安や悩みがあればぜひ一緒に解決していきたいと思っておりますので、お気軽に相談にいらしてくださいね。

 

武蔵小金井のぞみ整体院
脊柱管狭窄症改善の口コミ・体験談はこちら

 

武蔵小金井『のぞみ整体院』ご予約・お問い合わせはこちら

 

電話

 

042-380-1236(完全予約制)

電話受付時間:9:00~21:00
(最終受付時間 新規のお客様 20:00、2回目以降のお客様 20:30)

 

LINE

 

下記のバナーからお友達追加を行いLINEで簡単ご予約!ご質問も承っております。

LINE

 

 

メールフォーム

 

ご予約・お問合せ

 

小金井市の整体なら「武蔵小金井のぞみ整体院」 PAGETOP